海と山、独特の生態系がもたらす恩恵―世界自然遺産・知床

知床半島は北海道東部のオホーツク海に長く突き出た半島です。知床という地名はアイヌ語の”シリ-エトク”(突き出た所)に由来します。半島の背には知床連山と呼ばれる山々が連なり、その山を背景に東側の羅臼町、西側の斜里町と2つの町が含まれています。

羅臼から望む根室海峡の向こう岸、最短距離で25kmの位置には、北方領土の国後島があります。全長123km、面積1490平方キロメートルの広大な国後島が見える風景は、国際社会を身近に感じさせてくれます。
根室海峡の羅臼沖は、急激に水深1kmほどまで深くなる地形の特徴から、湧昇流の恩恵を受けて、さまざまな種類の魚がやってきます。また、冬は流氷が知床半島のウトロ側で一部せき止められる一方、羅臼に来る流氷は止まることなく流れているため、厳冬期を含め一年中漁が可能です。流氷がもたらす栄養分のおかげで、水産資源の質にも恵まれています。

羅臼はオホーツク海に面し、流氷がやってくる世界最南端です。
この豊かな海洋生態系と、知床連山の原生林からなる陸の生態系は川でつながり、海と山の生きものが相互に密接な関係をつくっています。
また、オオワシやシマフクロウといった絶滅危惧種に指定された動物が生息していること、国立公園に指定された場所が多く、国の法的整備により環境を守れる体制が整っていることが評価され、2005年、知床は世界自然遺産に登録されました。 海洋を含むエリアの自然遺産登録は知床が日本で初めての場所です。

"Shiretoko" World Natural Heritage Site: Sea and Mountains Make a Rich Ecosystem

知床マップ
道の駅シリエトク 知床世界遺産センター 知床自然センター 羅臼湖 知床五湖 カムイワッカの滝 羅臼ビジターセンター 知床らうす道の駅 ルサフィールドハウス イラスト

The Shiretoko Peninsula is located at the
east end of Hokkaido. The name "Shiretoko" comes from the Ainu language "sir-etok", which means "where the earth protrudes".
The peninsula includes two districts, Rausu-cho and Shari-cho, divided by the Shiretoko Range. A northern territory of Japan, Kunashiri Island, 123 km long and 1490 square kilometers, is located in 25 km east of Rausu.

The narrow strait and steep sea scarp in front of Rausu produces strong upwelling sea-currents, and bring us big fish catches. In winter when pack-ice cover the sea, Shiretoko peninsula blocks the movement of pack-ice and keeps some ice-free area in Rausu. Fishermen in Rausu, therefore, can continue their fishing activities even in the harsh winter.
Rausu is the southernmost point in the world, where pack-ice cover the sea. Oxygen-rich water brought by pack-ice and nutrient-rich water from the rapid rivers mixed up at the Nemuro Strait. The land and sea ecosystem connected together and makes up a rich world of wildlife.

Shiretoko has been designated as a World Natural Heritage Site in 2005, based on the facts that endangered species, such as Steller's Sea-Eagle and Blakiston's Fish-Owl, inhabit and the law systems to protect the environments has been in place. Shiretoko is the first World Natural Heritage Site in Japan, which include sea in its area.


夏には海でシャチやクジラ・イルカウォッチングを楽しめます 流氷ともに野鳥観察 オオワシも居ます 山に行けばエゾシカやキツネにも出会うことができます。

海で山で、ドラマチックな野生動物との出あいを!

世界自然遺産・知床の東側、羅臼町。内陸側は知床連山、海側は根室海峡に広大な国後島を望む、雄大な自然に囲まれた町です。
羅臼の観光の魅力は、なんといっても野生動物との遭遇。
観光船に乗り、夏はクジラ・シャチ・イルカウォッチング、冬は流氷と野鳥観察を楽しむことができます。これらを日本で見られる場所は少なく、特にマッコウクジラの雄の社会行動は他ではなかなか見られません。羅臼の豊かな海はさまざまな野生動物たちとの出あいが期待できます。港から観察ポイントまでが近いことも、羅臼の大きな魅力のひとつです。
山側では日本百名山の一つに数えられる秀峰・羅臼岳の登山はもちろん、貴重な植生を見ることができる羅臼湖トレッキング、熊越の滝などの遊歩道散策など、様々な形で知床の大自然を体感することが可能です。
野山では、ヒグマやエゾシカ、キツネや野鳥など、野生動物に出あえる機会も多いでしょう。野生動物との遭遇は、時には危険を伴うこともあります。ぜひ、プロのガイドの案内で、安全に、そして野生動物のくらしを尊重しながら、羅臼の自然を楽しんでください。

Encounter dramatic wild animals
in the ocean and the mountains!

Within World Natural Heritage Site Shiretoko, Rausu is one town enclosed by the Shiretoko Mountain Range and the Nemuro Strait.
After all is said and done, the Rausu’s sightseeing appeal comes from encounters with wild animals.
You can enjoy whale, Killer Whale (Orca), and Dolphin watching in the summer, as well as the pack ice and birds watching in the winter.
You can have the pleasure of meeting wild animals like Brown Bears, Sika Deer, Ezo Red Fox, the wild birds and more while participating in the prime activities. For example, climbing Mt. Rausu, trekking around Lake Rausu, or visiting the Kumagoe Waterfall.
Sometimes those activities carry any dangers, so please use a professional guide in order to safely enjoy the nature of Rausu.


海とともに生きる羅臼の漁業に触れて、食べて、楽しんで!

ここ羅臼町で、私たちは海とともに暮らしています。 知床連山の森林から流れる川と、オホーツク海からやってくる流氷がもたらす豊かな海では、夏はボタンエビやブドウエビ、秋はサケやホッケ、冬はウニやタラをはじめ、一年を通して50種類以上もの多種多様な魚が漁獲されます。しかし、自然は私たちに豊かな恵みをもたらしてくれるだけではありません。時に厳しい姿を見せる自然と共存するために、私たちは力を合わせ、漁法や加工法、保存法など、さまざまな工夫をしながら暮らしてきたのです。
それが、羅臼町独特の魚の文化となり、現在まで息づいています。イカ釣り漁船の漁火や、宗八ガレイを軒先に干している様子。漁師たちが漁業や生活を織り成す様子は、刻々と変わる季節を告げる風景となっていきました。
こういった漁師の仕事の様子は、羅臼町の産業ガイドの案内で、見学・体験することができます。経験を積んだプロの技、豊富な水産資源をより美味しく食べるための技術を、ぜひご覧ください。
そして、羅臼自慢の海の幸を、思う存分味わっていってください。

厳しい自然の中で暮らす羅臼の人々の浜言葉は独特ですが、面倒見がよく、あたたかい気質を持っています。ぜひ、知床の自然、そして私たちと出あいに来てください。
日本の最果て・知床羅臼で、お待ちしています。

Experience, eat, and enjoy products of the sea and the living fishing industry of Rausu!

We are living together with the sea in Rausu-cho.
The rivers flowing from the forest in the Shiretoko mountain range and the drift ice from the Sea of Okhotsk bring about an abundant sea where, from at least 50 types of fish, a great diversity of fish are caught throughout the year.
Sometimes, for the purpose of coexisting with an unforgiving nature, Rausu's people have combined efforts and devised various ingenious plans over time, plans that have become characteristic of Rausu's fishing culture.
The fishermen's life and work seem to indicate the season of Rausu.
You can observe and experience the sort of work fishermen do with the guidance of the Rausu-cho industry guide.

Please be sure to have the pleasure of meeting Rausu’s warm people and profound nature. In the furthest reaches of Japan, Shiretoko’s Rausu is waiting.

流氷の中を進む船団 暖かく優しい人々が集います 面倒見がよく暖かい気質の人々に出会いに来てください