学習する

日本屈指の漁場!世界自然遺産知床の海の豊かさを知る!

世界自然遺産知床の豊かな海。羅臼町と国後島の間にある根室海峡は、海底が急に深くなっており多種多様の魚種の海産物が水揚げされます。羅臼の豊かな海の幸を学びましょう。

羅臼漁港市場見学ツアー

羅臼地方卸売市場に入場し、知床羅臼の海から水揚げされた魚介類や漁の説明を聞き、セリ人と仲買人とのセリの様子を間近に見学することができます。
また、羅臼の港が一番活気づく秋には、2階建て漁港に荷揚げされる大量の秋鮭や漁港内で働く漁師さんの姿を間近で見学することができます。

通年実施(鮭の水揚げは9月末~11月中旬)

※ 要予約(お問い合わせください)
※ 冬は魚種が少ないので春から秋がおすすめです

羅臼漁港にて。漁から戻ったばかりの漁師さんの魚の水揚げの様子。
バックの朝焼けが美しいです。

まだ夜が明ける前の薄暗い中行われる秋鮭の水揚げ作業。
船から秋鮭をおろし、その場ですぐに仕分けされます。仕訳の速さは圧巻です!

背の高さまで魚箱が積み重なる様子は圧巻です。

ボタン海老や幻のブドウ海老のセリの様子。

魚種の多い羅臼、地元の人ならではの解説は必見です。

実際に近くで見て、許可があれば触っていただけます。

魚箱いっぱいの高級魚キンキ(キチジ)。

生きのいいとれたての真タラ。

真ツブは大振りで迫力満点。

魚箱から溢れ出しそうなカニ。